教育を目的としたドキュメンタリーの上映

Netflixの教育的なオリジナルドキュメンタリー (一部に限定) は、教育を目的とした場で1回に限り上映することができます。

どの作品が教育を目的とした上映の対象となるのかについては、media.netflix.comの[Netflix独占配信]セクションをご確認ください。そこから、[アルファベット順]に移動します。

教育を目的とした上映の対象作品には、作品詳細ページに以下のような上映許可が表示されます。


教育を目的とした上映を許可

Netflixは、視聴者の心に響くメッセージを届けるオリジナルドキュメンタリーを配信できることを誇りに思っています。お客様からもこうした映画に感銘を受けたという声を多数いただいており、情報共有の観点から教育の場 (例: 教室、コミュニティグループの会合、ブッククラブ等) で公開上映したいというご要望をいただいております。

そのため、教育を目的とした上映を許可すると記されたドキュメンタリー作品は、いずれも以下を条件として、1回に限り上映を許可します。Netflixでは「One-time screening (1度の上映)」という用語を使います。これは同じドキュメンタリーを1日あるいは1週間で複数回上映してはいけない、と言う意味です。しかし、例えば教育者として数学期にわたり1学期に1度ドキュメンタリーを上映したいという場合は許可されています。

この情報が記載されているドキュメンタリーはどれも、教育を目的とした上映が以下の条件のもと許可されています。

  • 対象作品には、Netflixアカウントの所有者がNetflixサービスを介してアクセスすること。NetflixはDVDの販売等、映画上映の代替手段を提供しないこと。

  • 上映会は、非営利および非商業的なものであること。したがって、上映に関連して入場料を徴収すること、寄付金を募ること、広告を受けること、あるいは商業的スポンサーをつけることは禁止します。

  • 上映を行うことを知らせる際、Netflixのロゴを使用すること、または上映会がNetflixの“公式行事”であること、あるいはNetflixから後援を受けていることを示唆するような行為は一切行わないでください。

  • 上映会はコミュニティレベルでドキュメンタリーの内容を共有・協議することが目的ですので、ご利用の際には必ず上記ガイドラインを厳守してください。

所属団体から上映権の提示を求められた場合、本ページを提示してください。